■特定商取引法

特定商取引法は、訪問販売など消費者トラブルを生じやすい特定の取引類型を対象に、トラブル防止のルールを定め、事業者による不公正な勧誘行為等を取り締まることにより、消費者取引の公正を確保するための法律である。

「通信販売」に対しては、「広告の表示」「誇大広告の禁止」「承諾などの通知」「意に反する契約の申込」などについて規制を設けている。