HTTPSは「Hypertext Transfer Protocol Security」の略。

Webサーバとクライアント(Webブラウザなど)の間で使われるHTTPというプロトコルにSSLによるデータ暗号機能を追加したもの。

サーバ/クライアント間の通信を暗号化し、秘匿すべきデータ(クレジットカード情報など)を第三者が閲覧することを出来ないようにする。

主にネットショップなどで使用。