なんともいえない微妙な味だった…
20061202.jpg