gyan.jpg【ギャン】MS-15
主なパイロット:マ・クベ
登場作品:機動戦士ガンダム


ジオン軍の次期主力MS候補であったがビームライフル装備のゲルググに敗れ、主力MSとしては不採用となった機体である。西洋の甲冑の騎士を彷彿させるデザインが一部の人に人気があったらしい。ほんのわずか生産されたギャンが本編で活躍したのは、その騎士的なデザインを気にいったマ・クベ大佐が自分専用機として出撃した時である。主力兵器の専用ビームサーベルをフェンシングのように突きまくるのがギャンらしい戦い方といえるだろう。だがそれだけでは戦闘において厳しい状況になるのはあきらかであった。元々、ギャンは火力不足であったので、それを補うためにマ・クベ大佐のアイデアによってシールドミサイルやハイドボンブなど開発されている。シールドミサイルはシールドに備わった針状ミサイルで、大量に発射することで目標をボロボロにすることができ、特に対MS近接戦闘において絶大な威力を発揮する。またハイドボンブは主に宇宙空間において使用される浮遊機雷で、ステルス性が備わっていて連鎖爆発をして大ダメージを与える兵器である。それらの武器を使用した結果、MSの操縦をほとんどしていなかったマ・クベ大佐でも途中までガンダムと対等に渡り合ったことで対MS近接戦闘で有効な兵器であると証明された。関係ないが頭のツノ(アンテナ)が壷の形に見えるのは気のせいだろうか(笑)