rs-geara-d.jpg【レズン専用ギラ・ドーガ】AMS-119
主なパイロット:レズン・シュナイダー
登場作品:機動戦士ガンダム逆襲のシャア


ネオ・ジオン軍のエースパイロットには自分の機体をカスタム化できるという特権がある。これはジオン軍の頃より続く軍の風習であり、小隊長であるレズンは自分の機体をブルーパープルのカラーリングに染めていた。ただし彼女の場合、その機体性能は一般のギラ・ドーガと何ら変わるところはなかった。たぶん短期決戦だった為にカスタム化する暇がなかったのではないだろうか?まあそれでもエースパイロットらしく、それなりの戦果をあげたようだが、ラーカイラムの機銃を撃っていたチェーンにより狙撃されている。ちなみにギラ・ドーガは旧ネオ・ジオン時代に設計されていた機体で、そのシンプルなデザインと、各種武装の充実、そしてコストパフォーマンスの高さが見込まれて、新ネオ・ジオンの主力機となった。一応ザクを基本としているようだが、新規に設計し直された機体なのでザクから流用された部分はない。にもかかわらず、ドーガ系MSは、ザクの後継機に相応しい地位を得た。(ある意味、発展した機種の集大成だったのか)ジオンの伝統に基づき、小隊長以上の指揮官機頭部には頭飾(いわゆる”ツノ”)が取り付けられている。武装はビームマシンガン、ビームソードアックス、グレネイドランチャー、シュツルムファウスト、電磁ワイヤーと豊富である。ビームマシンガンは一般兵と小隊長用で違いがある。