「魔法少女リリカルなのは」の続編。DVD全6巻見ました。今回は魔法使いがたくさん出てきて戦闘しまくりの印象でした。恋愛どーのこーのってのはほとんどなかったんじゃないかな。1~2話あたりの真田さん(爆…じゃなくてヴィータ)にはむかつきましたが、ストーリーの内容を追っていくと、なるほどな~と理解できたのがよかった。仮面男も反則的に強くて、おかしいと思いながら見てましたが、こちらも2人になった時点で誰と誰だかわかりました(気づくの遅い?)
この作品には自分の欲望で動いている人間はほとんどいなくて、誰かのためにあえて悪者になっているというのがポイントかな。前作もそんな感じだったし。
今回の作品で一番印象に残ったのは主人公なのはのセリフ。ヴィータが、なのはに対し悪魔だと言ったとき、
「悪魔でいいよ…悪魔らしいやり方で、話を聞いて貰うから!」
ってところ。え?これって魔法少女ものから一線を超えちゃってないか?って驚いた。カワイイよりカッコイイ!しかも他のアニメより作画のクオリティも高いしマジオススメです。