blue_B3-gouf.jpg【グフ・カスタム】MS-07B3
主なパイロット:ノリス・パッカード
登場作品:機動戦士ガンダム第08MS小隊


グフ=エースパイロット専用。このイメージをさらに強くしてくれたのがグフ・カスタムです。第08MS小隊の作品終盤、嵐の山に登場しました。その時のノリス大佐が乗ったグフ・カスタムは本当に強かった!ジェット・コア・ブースター、量産型ガンタンク等を撃墜しまくったのには圧倒的ではないかと言いたくなるほど。ザクほどのバリエーションがないのはグフでも語ったように地上戦のみというのが原因である。しかし新型のドムが流通してもエースパイロットやベテランパイロットたちからはグフを好んで使用されることが多かったようです。特にこのグフ・カスタムはグフと違い内部固定武装ではなく外部固定武装を採用しヒートサーベル、ヒートワイヤー、3連装機関砲、そして主武装のガトリングシールドといった外部武装により状況によって武装を外して、他機種の携行火器の使用を可能としました。そういえばガトリングシールドを初めて見たときガンダムヘビーアームズがすぐに思い浮かびました。当時08小隊製作中にテレビではガンダムWが放送中だったから、そうイメージしたのは私だけではないはず(笑)だからガトリング砲がすごい強く見えたもんです。ガトリングとシールドを合わせるというのは使いにくそうな感じでしたがグフ・カスタムのシンボルと考えれば画期的なデザイン?だったと思います。あと私的にグフ系は量産機っていうよりもエース専用機っていうほうがイメージがあってる感じでかっこいいですね。最後にノリスもラルもそうだが、『モビルスーツの性能』にこだわりを持ってるようでした。さすがベテラン!!