ZガンダムIII 星の鼓動は愛

今回もMOVIXさいたまで見てきました。ストーリーの流れは思ったよりTV版とあまり変わりないように見えたので、う~ん…まあこんなものかなあって感じでした。ネタばれだろうから以降は

・ロザミィ関連はすべて削除されていたのに、Zが人の魂を呼び寄せてるとき(?)ロザミィも出てきたのは微妙だった。

・キリマンジャロ攻略作戦はカット。フォウが第二部で終わったから仕方がないか。

・やっぱりZガンダムの変形が以前とは違うね。ウェーブライダー形態で下からのアングルでZの顔が見えたから…(;^^A

・レコアさんが割と多くストーリーに絡んでいた。ただし、バスクの乗るドゴス・ギアを破壊したのはレコアさんではなく、ヤザンだった。

・ジェリドの最期は「カミーユ、貴様は俺の・・・!」という言葉はカット。しかもラーディッシュの爆発にまきこまれて終わった。

・エマさんとヘンケン艦長のやりとりがすごく良かった。アニメ版より馴染んでて好感がもてた。それだけに生き残ってほしかったが。

・戦争終結後、元ホワイトベースの人たちが出てきました。この演出は新鮮だった。

みんなアニメ版と同じく次々と死んでいくからどこが違うのか?って思った。一番わかりやすかったのは、もちろんカミーユ。精神崩壊しません。ラストでカミーユとファの会話をマネてるサエグサさんが面白かったね。今回のエンディングの曲には違和感がありましたね~。ガクトがこうしたわけではなく、どうやら富野監督の考えで旧作のテーマが存在してると感じさせたかったそうです。新作一辺倒では時代にながされてしまうからだと。う~ん、奥が深いな…。