浦和レッズ vs 大宮アルディージャ(結果:1-2)
前節が良すぎたというのもあるが、この試合は浦和の攻撃に連動性がうまくいってなかった。リーグ戦では初の埼玉ダービーでしたが、大宮のほうが気持ちが入っていたかもしれない。連動性ということで、パスや、相手の裏をつくということがなかなかうまくいきませんでした。そうなってくると個人技だのみになってしまうのが浦和の悪いところ。特に三都主のドリブル突破は必要ないところでやりすぎていた。成功率を考えて、状況によってはパス出しもすべきだろう。そう簡単には直らないのだろうな~…。守備では内舘がミスを連発して調子が悪かった。神館の崩壊?ベンチの堀之内ともっと競わせたほうがいいね!

得点シーンでは三都主のフリーキックから闘莉王が頭で合わせてゴール!前節と同じような形だった。それ以降、得点が入らなかったのが残念でならない。連動性がなかったから、もしエメが戻っていたとしても今回の結果は似たようなもんだったかもしれない。次は勝ってほしい!

<得点者>
前半18分 トニーニョ(大宮)
前半22分 桜井 直人(大宮)
前半44分 田中 マルクス闘莉王(浦和)