浦和レッズ vs アルビレックス新潟(結果:2-1)
ナビスコカップは調子の良い浦和。
前半は特に簡単なパス回しが出来ていて、一人のドリブル突破ではなく、チームでプレイしていた
というのがわかり、すごく良い感じでプレイしてました。

1点目は達也のシュートが相手DFにはじかれたが、そのボールがエメに転がり込んでごっつあんゴール!早い時間で点が取れたので、その後も浦和の選手たちは落ち着いてプレイが出来てました。

2点目はエメのFKがゴールポストに当たり、跳ね返ったところを鈴木啓太のボレーシュートでゴール!鈴木啓太のシュートがひさしぶりにゴールしました。昨年は得点0でしたし、今年初ゴールですから。本人もすごい喜んでた。いつも上に上げすぎて宇宙開発してたからなあ(笑)先週のマリノス戦でもシュートが枠に飛んでいたのでひょっとして確変が起きているのかも?

相手のPKを与えてしまったのはアルパイ。感情を押さえきれずにすぐイエローもらってるから、悪πと言うときもあるが、今日は耐えていた。ファウルを与えてしまったけどイエローじゃなかった。あれはPKを与えるほどのもんじゃないと思ったんだけどな~。

途中交代で入ったエスクデロは16歳でデビュー。ナビスコでは毎年ニューヒーロー賞があるので彼には頑張ってもらいたいね。日本語も堪能で、日本国籍取得も考えているようだ。そうなったらレッズは帰化選手が多くなって、また外国人枠は空くかなw