最近のマンガやアニメは簡単に『能力』を使うことが出来る。生まれつき特殊な能力を持っていて、人よりすぐれてる。なにか『能力』をもってないと人気(視聴率)が出ないのが現状なんだよね。変身できたり、魔法が使えたり、引きが強かったり、死んだ人が生き返ったり、種が発動したり…。

そんなに簡単に『能力』を発動しすぎるとガ…子供の視聴者側に『勘違い』を起こさせることもありえるカモしれない。どんな『勘違い』かというと努力せずに、なんでも出来るという『勘違い』。殺しても簡単に生き返るという『勘違い』。オレだって種が発動するんだぜという『勘違い』。

ガンダムも同じく

たくさんガンダムが出てきてしまうと、むしろガンダム以外のMSのほうが珍しく思えてくるんだ。

そんな中で現状、私のお気に入りは『仮面ライダー響鬼』。これまた唐突だけど、これ最強!
常に体を鍛えてマカモウ(よくわからんけど怪物だと思う)を退治しております。常に鍛えてないと変身出来なくなるとか(笑)
努力して、修行して新技を獲得する。こーゆーのって最近ないと思うんだ。血と汗と涙とか青春ものが青くさいと言うのもわからなくもないけど。
でもたまには、こーゆー作品もありだと思う。もっと増やしてもいいんなんじゃないかと!!

結論として『仮面ライダー響鬼』は面白いってこと。太鼓たたいてドンドコドーン!