オーブの攻撃を止めたいがためにアークエンジェルの発進を求めるカガリ(理想を求めて)
そして大局的な状況判断をするようになったキラ。前大戦がよほど堪えたのだろう(現実を把握した上で理想を求める)
戦闘を止めるためだけに現れたアークエンジェルに今後、賛同する者はいるのだろうか?我が道を行くのもいいが、先導する者がしっかりしなければ駄目である。戦いを止めるにも数が必要だろうし。

・カガリ
ストライクルージュで発進。オーブ軍の侵攻を止めるために出るも、ユウナに偽物よばわり。結局戦いを止めることが出来ず。さすがに自国の者とは戦うことが出来ずトラに下がれと言われる始末。厳しい状況だなあ。

・キラ
カガリの言葉で戦いを止めることが出来ないとわかると、オーブの攻撃に対応した後、すぐさま両軍に攻撃!連合(オーブ)、ザフトの両軍から見れば見境なく襲いかかる最強の機体だったのではないだろうか?インパルス、アビス、ガイア、グフと「てかげん」を発動しながら(笑)攻撃しまくりでしたw

・ネオ
アークエンジェルを見てもこれといった反応なし。やっぱり別人なのか?あの三人のように記憶抹消されたのか?

・ユウナ
自分のプライドと自国を攻撃するというネオの脅迫により、カガリは偽物だと言う。さらにアークエンジェルも攻撃しろと(もうどうしようもないなコイツは)

・トダカ
ユウナの言動にあきれてます。アークエンジェルとフリーダムを信じている彼には、もっと良い居場所があると思う。

・トラスーツ
オレンジから黄色に変わったバルトフェルドのノーマルスーツ。こだわりが強い人です(笑)黄色のムラサメで発進。

・ハイネ
予定通り死亡の日でした。わかってるとドキドキ感がまったくありませんね。しかもわざわざフリーダムの前に出て、ガイアの翼のビームで腹を切られてるんだからお粗末すぎです。それでもフェイスだったとは…。名ゼリフまでパクる必要ないと思うけどな。パクリアニメだ。